家作りの第一歩はココから!

狭小住宅とは

狭小住宅とは、その名の通り狭い土地に建てられた住宅の事です。地方のように広い土地があり、土地の価格も安い地域であれば、自分の思い通りの広々とした家を建てることができるでしょう。ですが、都会で家を持つという場合には、やはり土地代もかなり高いですし、なんといっても広い土地がないのです。そういったケースでごく狭い土地に、広い土地と同じように家を建ててしまっては、とてもじゃないですが快適な生活を送るのは厳しいでしょう。狭小住宅は単に狭い所に家を建てるというのではなく、狭い空間をいかに有効に使うかを計算された住宅なのです。

 

一般的にどれくらいの広さなのかというと、約15坪(50u)以下の土地に建てられた住宅の事を狭小住宅と呼びます。さすがにこの広さでは、1人暮らしの人はいですが、家族で生活をするというのは極めて厳しいものがあります。さらに土地が狭いとどうしても周りの建物の囲まれて風通しや日のあたりが悪くなります。そういった欠点を解消するために、狭小住宅の多くは3階建てにして空間を多くしたり、最上階は採光・風の入りも良くしていますし、地下室なども作って収納スペースなどを確保しているのです。またできるだけ空間を利用するために、極力、壁や間仕切りをなくしたり、収納スペースは作りつけにしたり、圧迫感を感じさせないために1階から2階までを吹き抜けにしたりなど、変わったデザインを施しています。

 

そのため、狭小住宅を建てるという場合、自分ではなかなかうまく設計できないものですから、デザイナーなどに依頼するケースが多いようです。

 

これからはますます土地が少なくなるケースが多く、どんどん狭小住宅の需要は増えてくるものと思われます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市