家作りの第一歩はココから!

土地の購入費用が安い

家を建てるという場合、かかる費用は家を建てる費用だけではありません。家を建てるためには、土地がなければいけません。そのため、家を建てる際には、建築費用の他に土地の購入費用がかかります。地域によっては土地代のほうがはるかに安く、建築費用のほうが高くなる傾向にあります。ですが、都会の場合は、その建築費用よりもはるかに土地代のほうが高くなります。特に都心部となるとかなり土地購入費用が高く、建築費用は出せても土地購入費用がないという人も結構いるのです。

 

家を建てるという場合、ハウスメーカー、大工などによって建築費用は異なりますが、同じ住宅メーカーに同じ建物の建築をお願いした時には、田舎であろうと、都心だろうと、大きな違いはありません。ですが、土地代は大きく変わります。狭小住宅は、基本的に「狭い土地に家を建てる」というものですから、当然、土地の購入費用が安く済むというメリットがあるのです。たとえば坪単価が100万円だった場合30坪の土地を購入すれば土地代だけで3,000万円になります。これが狭小住宅なら15坪程度ですから、1,500万円となります。その差は実に1,500万円になります。もしこれを田舎の土地代の安いところにすると、坪単価30万円だと30坪で900万円、15坪で450万円と、その差は450万円程度になるのです。もちろん狭小住宅は都会の真ん中にも建てられるものですから、田舎で建てることはないでしょう。

 

2階建てを3階建てにして、部屋数を増やしますから、実際一般の住宅と狭小住宅ではそれほど違いはありません。そのためトータル費用を安くするためなら狭小住宅のほうが土地代分安いのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市