家作りの第一歩はココから!

収納スペースがとりにくい

狭小住宅のデメリットは、やはりその名の通り狭くて小さいというところでしょう。狭小住宅は、一般の住宅をただ縮小すればいいというわけではありません。小人(こびと)が住むというのであれば、単純に縮小した家で十分ですが、同じ人間が住むのに縮小するだけでは圧迫感があり身動きがとりにくくなるだけです。そのため、一般の住宅に近い部屋の大きさを作り、見た目的にも圧迫感がないようなデザインをされるのが一般的な狭小住宅の建て方です。

 

ですが、家を建ててそこで生活をしていくという場合、どうしても荷物が多くなるものです。家族が多くなれば尚更です。部屋数が少ないわけですから、当然、物置小屋や不要なものを置いておく部屋などもないでしょう。そのため、ちょっとした収納スペースが必要となります。ですが、狭小住宅の場合、できる限り部屋を大きく作りますから、そうするとなかなか収納スペースがとりにくくなるのです。一般の住宅にあるような押入れやウォークインクローゼットなどのスペースを作ってしまうと、当然部屋は小さくなってしまいます。もちろん一つや二つの大きな収納スペースは必要かも知れませんが、その他になかなか収納スペースが作れないのです。そのため家に持ち込めるものの数が限られてしまいます。

 

しかも家を建てる時というのは普通の家でも収納スペースを確保するのを忘れがちです。大きな家ならどこかの部屋を収納にしてしまってもいいですし、大きなタンスなどを購入してもいいでしょう。ですが狭小住宅の場合はそれもできません。そのため、まずは部屋の広さも大切ですがそれとともに収納スペースを確保できるように設計するという考えも忘れずに持つことです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市