家作りの第一歩はココから!

設計料がかかる

マイホームを建てるという場合、一番ネックになるのが金銭面でしょう。そのため、いくらでも費用を抑えるために家を小さく建てるという人も増えています。

 

狭小住宅も縦長の住宅で高さはあるのですが、やはり土地が狭いので、どうしても部屋数は少なくなり、建築費用は安く済むでしょう。また、それよりも土地が狭いですから、土地を購入する費用もかなり抑えることができます。そのため建築料と土地代でかなりの費用が浮くでしょう。

 

ですが、狭小住宅を建てるという場合、狭い部屋、土地をどのようにして狭く見せないようにするか、圧迫感がないように作るか、収納スペースはどのようにすればいいのかなど、いろいろと悩みが出てきます。間違った設計をすると、あとから住みずらい、不便ということが多くなるのです。そのため、狭小住宅を建てる場合は、しっかりとした知識とセンスのある建築家やデザイナーに設計図を書いてもらうことがほとんどです。

 

じつは、狭小住宅の場合、土地や建築費用が安くなるのですが、その依頼をする建築家やデザイナーに設計料を支払わなければならないのです。通常の住宅ならば、それほど大きな設計料にはならないでしょうが、狭小住宅となると、かなりのセンスと実績、感覚が要求されます。もし、この設計料をケチって建ててしまうと結果的に高いお金がかかるようになってしまうのです。

 

まず狭小住宅を建てる場合は、土地代や建築費用だけでなく、設計料がいくらくらいになるかを計算してみなければいけないでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市