家作りの第一歩はココから!

工事がしにくい

狭小住宅のデメリットとして、工事がしにくいという事があります。狭小住宅を建てるという場合、当たり前ですが狭い土地に建てるというものです。しかもメリットでもあるように、狭小住宅を建てる場合、立地条件がいい、都心に家を持てるという事がありますので、建てる場所は繁華街の中という事が多いです。そのため、工事をするのにはとても不便なのです。

 

家を建てるという場合には、どうしても大きな工事車両は必要になります。ところが場所によってはその工事車両を駐車しておくこともできない場合もあります。短時間ならいいですが、家を建てるのですから長時間にも及びますし、資材を運び入れるのにも時間がかかるものです。もしどこかの広い土地を借りてそこから運ぼうと思っても、かなりの時間のロスになります。それでも大きい通りに面していれば何とかなりますが、時には狭い路地を入っていかなければいけない場合もあります。そうすると当然工事車両は入れず、資材も作業員が長距離を運んでこなければいけないという事にもなるのです。それだけで作業効率は低下します。

 

また、実際に資材を運んできたとしても置いておくスペースすらありませんから、その都度必要な資材のみを運んでこなければいけないのです。また作業をする際にも、狭小住宅は基本的に部屋も狭いのですから、そんなに多くの作業員が入れるわけではなく、作業効率も悪いのです。

 

こういった事は工事関係者が不便に感じるだけで、施主には関係ないと思うかもしれません。ですが、作業効率が悪く、日数がかかってしまえばそれだけ作業員の人件費がかかるわけですから、費用が高くなってしまう事もあるのです。

 

ですが狭小住宅に慣れた住宅メーカーであれば、それほど負担に感じる事はないかもしれません。そのため、やはり狭小住宅を建てる実績のあるところに依頼するのが望ましいでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市