家作りの第一歩はココから!

引越しが大変

いざ、狭小住宅の建設が終わり、引越をするとします。その時にもデメリットを感じてしまう事があるでしょう。実は通常の家よりも狭小住宅に引越をする場合、思ったよりも大変です。

 

狭小住宅を建てるところというのは都会の繁華街が多いです。そのため、引越のトラックを路上駐車することができないというところもあります。まだそれだけならいいですが、細い路地に入ったところに狭小住宅を建てた場合は、引越のトラックが入っていくことができなくなります。そうなると、離れた場所にトラックを止めて、そこから歩いてそこまで運ばなければいけなくなるのです。ダンボールや衣装ケース程度なら、それでも問題ないでしょうが、タンスや食器棚、ピアノなどの大きなものになると運ぶのも非常に困難です。

 

また、狭小住宅は部屋が狭いので、大きい荷物も運び入れしにくいです。そして、3階建ての建物がほとんどですから、狭い階段を3階まで運ばなければいけないのも一苦労です。また、大変なだけではなく、引越業者に引越を依頼すれば、追加料金を請求されてしまう事もあります。

 

また、収納スペースが少ないですから、大量に荷物を運び入れても、収納するところがなくなってしまうということもあります。

 

そのため、引越が少しでも楽にするためには、不要な荷物は引越前に処分しておく事でしょう。そして、タンスや食器棚のような大きい家具などは、運び入れるのではなく、作りつけにしておくなどの工夫も必要になるでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市