家作りの第一歩はココから!

お年寄りには向かない

狭小住宅は、建てる費用も購入費用も安く済み、都心にマイホームを持てるのでメリットが多いです。ですが、この狭小住宅はお年寄りにはあまり向いていません。

 

年をとると、足や腰が痛くなり歩くのが困難になってきます。そのため、できる事なら階段などはない方がいいのです。ですが狭小住宅は基本的に3階建ての建物になります。そのためお年寄りでも階段を使わなければいけないケースが増えてくるのです。一般的な住宅であれば、奥の部屋をお年寄りの部屋にして、1階の移動だけで用事が済むようにも出来ます。ですが狭小住宅は、1階をお年寄りの部屋にしてしまうと、不都合が多いです。

 

また、お年寄りが住むには、廊下やトイレ、階段などに手すりをつけたりしなければいけません。基本的に狭小住宅には廊下はありませんし、手すりをつけてしまうとその分だけ部屋・トイレが狭くなってしまうのです。ただでさえ狭い家なのに、さらに狭くしか利用できなくなるのです。

 

またお年寄りは特に買い物に行くわけでもありませんし、都心にあってもあまり意味がないのです。むしろ近所付き合いが少なくなりますから、つまらなくなるでしょう。

 

近年は高齢化社会が進んでいますので、たとえ狭小住宅を建てた時は元気でも、年をとるとだんだん不便さが出てくるでしょう。狭小住宅を建てる場合には、そういった将来の事も考えて、もし高齢者が増えた場合にはどうするつもりなのかをよく考えておくことが大切でしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市