家作りの第一歩はココから!

つくりつけの収納を作る

狭小住宅を建てた人達の多くが、建てた後に後悔してしまう事に、収納スペースがないという点があるようです。どうしても狭い土地に建てるわけですから、部屋の大きさは限られてしまいます。その限られた部屋の広さを少しでも広くしようと思うのが一般的です。そのため、収納スペースを十分に確保するのを忘れてしまうのです。一般の住宅であれば、特に週に用スペースを考えなくても、家を建ててからタンスなどの家具を購入しても構わないでしょう。

 

ですが狭小住宅はそういうわけにはいかないのです。もし後からタンスを入れようものなら、ただでさえ狭い部屋がタンスでますます狭くなるのです。

 

それを解消するためには、建てる時に作りつけの収納を作っておくという事です。階段の下であったり、ちょっとした隙間等を収納スペースとして作りつけしておくと、あとからしまうところがないと悩む事が少ないのです。

 

ただ、収納スペースばかりを確保しても、結局部屋が狭くなってしまいますから、どれくらいの収納が必要なのかをしっかり検討しておかなければいけないでしょう。難しい事ではあるのですが、できるだけ部屋を狭くせず、たくさんの収納を作らなければいけなのです。

 

作りつけの収納を作れば、当然あとからタンスなどの収納家具を購入しなくてもいいのです。作りつけであれば、建築費用が高くなるわけではありませんから、費用の面でも安く済むのです。また、今だけの収納スペースでなく、将来設計もして、どのくらいの費用が必要か検討しなければいけません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市