家作りの第一歩はココから!

床下・天井裏の利用

狭小住宅を建てる場合、どうしても収納スペースが少なくなりがちです。収納スペースを確保するためには、やはり部屋の広さも若干小さくしなければいけないでしょう。

 

部屋が狭くならない程度に収納スペースを確保しようとすると、どうしても十分なスペースは取れないでしょう。いくら設計をいろいろ考えても、広さは決まっているのですから、限界があるのです。収納スペースを確保すれば生活しづらくなり、生活しやすくすれば収納スペースが少なくなるのです。もちろん、地下室を造るという事でもう一部屋増えますから、いいのですが、地下室を作るとなるとやはり費用が高くなってしまいます。

 

狭小住宅を建てる際のポイントとしては、ありとあらゆるスペースを活用しなければいけません。そのため、あとは床下や天井裏も活用できるようにすることです。もちろん、床下・天井裏の活用方法は限られてしまいます。1階の床下はどうしても冷たくなりますし、取り出すにも苦労しますから、あまり重いものなどは置いておけないでしょう。そして、長期間置いておくと湿気でカビが生えてしまう危険性もあります。そのため、ちょくちょく出し入れをする食糧庫とするといいかもしれません。そうすることで、台所に置くものが減りますから部屋を広く使えます。また、屋根裏部屋はそれほど湿気もありませんが、そうそう取り出しやすいと事でもありません。そのため普段はあまり使用しないものを置いておく物置部屋的に使用するといいかもしれません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市