家作りの第一歩はココから!

強度は?

狭小住宅は一般的に3階建てで縦長の住宅となります。下が小さく上に伸びているということは、平屋よりはどうしても強度の面で弱くなるでしょう。同じ設計構造なら、やはり1階部分が大きく、上に行くに従って小さくなるような形が安定しています。ですが、狭小住宅は1階部分が小さいため、上をさらに小さくするわけにはいきません。そのため安定性には欠けてしまいます。

 

じゃあ、狭小住宅は強度が弱いのか、というと、確かに平屋よりは弱いですが、気にするほど弱いというわけではありません。狭小住宅を建てるハウスメーカーはその点をしっかり知っている事ですから、強度は重要視しているのです。

 

ただ、その中でも狭小住宅に適しているのは、鉄骨の建物でしょう。鉄骨で建てるとたとえ3階建てでも問題ありません。都会では超高層ビルなどもたくさんあり、見るからに安定感に欠けますが、日本の高層ビルが倒れるという事はまずありません。ですから3階程度では全く問題がないでしょう。また狭小住宅はできるだけ部屋を広くしたいものです。鉄骨で建てると柱などを作る必要がありませんから、面積を広く使えます。また、狭小住宅は隣の家と隣接していますから、騒音なども気になるところです。鉄骨なら木造よりも防音効果もあります。

 

では木造はダメなのかというとそうではありません。今では木造でもかなり耐震性があるように出来てきますから3階程度では問題ないのです。しかも狭いところに建てるのですから大きい機械が入りにくいですから、木造の方が建てやすいのです。そのため費用もさらに安く建てられます。

 

ただ、中には強度を重要視していないハウスメーカーもありますから、その点をしっかりチェックすることが大切です。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市