家作りの第一歩はココから!

立地条件がいい

狭小住宅のメリットとしては、どんな所にも建てられるということでしょう。一般住宅を建てるという時には立地条件も気になるところですが、立地条件がいいところに十分な土地があるとは限りません。むしろ、ないと思った方がいいでしょう。

 

ですが、狭小住宅の場合、土地が大きくても15坪(50u)くらいあればいいですから、このくらいの土地は意外といろいろな所にあります。最近は狭小住宅を取り扱う住宅メーカーが多くなってきていますから、土地さえ見つかれば狭小住宅を建てることはできるでしょう。そのため、立地条件を重視できるというところが狭小住宅のメリットでしょう。立地条件というのは、職場に近いところ、買い物がしやすい、必要なものが揃うなどの条件がそろうという事でしょう。

 

もちろん、狭小住宅は自分で設計を依頼して建てるという方法もありますが、もともと建ててある狭小住宅を購入するという事も出来ます。たいていの狭小住宅は、都会のとても利便性のあるところに建てられているケースが多いのです。そのため、立地条件としては言う事がないのです。

 

家を購入する場合、立地条件も大事なのですが、なかなかそこばかりを重視すると、いろいろと不具合が出てくるものです。ですが、狭小住宅にしてしまえば、土地の広さは気にすることがないので、その他の条件をクリアしつつも、立地条件も重視することができるのです。部屋の狭さだけを除けば、自分の思い通りの家を建てる事も出来るでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市