家作りの第一歩はココから!

耐震診断

耐震診断とは地震発生時に、建築物被害発生の可能性がどうなのかを知ることをいいます。つまり建築物の健康診断といえます。また建築物の耐震性能とは地震で発生するエネルギーを吸収可能な能力のことをいい、建築物の強さと粘りを建築物の形状や経年状況を考慮して決められます。さらに、重要な施設に求められる耐震性能とはその求められる建築物の用途や重要度に応じて、より高度な耐震性能が求められます。

 

耐震診断においては、用途指標と言われるものを使用し、構造物の判定指標の割増を行います。この指標は、その建物にふさわしい耐震性能の要求水準の相対的な関係を定めるためのものです。

 

耐震診断は、大きくは予備調査と現地調査に基づき診断が行われます。

 

まず予備調査として、依頼主の要望や今後の計画等を確認したうえで、現地調査で建築物の履歴や使用状況を確認、診断に必要な関連図面や計算書等の有無を調査し、建築時期や簡易の目視調査で診断の必要性を判定、本格的な調査として適切な調査方法を選定、耐震診断作業の費用やそれに要する期間を算定するというのが全体の流れとなります。

 

耐震診断の中心となる耐震診断は、現地調査として外観や劣化度を調査し、設計図面や計算書等の内容を検討し、床や柱、壁等の構造部分の耐震性を検討、非構造部材や設備機器についても検討を加え、耐震性能を総合的に評価します。なお、既存建物の性格やお客様のご要望等により特別調査も選択され留場合もあります。

 

それらの結果を踏まえ、コスト、工期、整合性、施工性等を考慮して最適な構法を選択して耐震補強を要する場合は、その対策案や概算費用を算定してから計画書が作成されます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市