家作りの第一歩はココから!

耐震補強工法

一般には耐震補強は、耐震診断の結果に基づく対策として実施されます。つまり、建築物に必要とされる耐震性能や安全性を確保するために行われます。その方法として、強度を補強する強度抵抗型と粘り強さを補強する靭性抵抗型工法があります。

 

強度抵抗型の工法としては、鉄骨ブレース、増設壁、開口閉塞があります。また、靭性抵抗型としてはスリット、免震工法、制震工法などがあります。また強度靭性型としてパッドレス、外付けフレーム、柱巻きたてなどがあります。

 

そして耐震補強としてどのレベルまでの地震に強くすればよいのかが問題となります。まずは最低限度として建築物の倒壊を防止し、人命の安全確保を図らなければなりませんが、建築物の損傷を押さえ継続しようできるだけでもよいのか、どのレベルまで施工するかは、建築物の耐震判断の結果と顧客の要望により、耐震性能曲線の合格域に入る様に耐力と靭性を上げる措置を行います。

 

具体的には、壁を増やし補強方法は、最も容易にできかつ効果のある方法であり、耐震性の高いコンクリート壁をバランス良く配置することにより耐震性を向上できます。しかし、壁の増加により利便性の低下は考えられますので、その他の工法と組み合わせて施工されるのが普通です。

 

鉄骨ブレースで補強する工法は、壁を増やすことによる空間の分割を回避する代替策として施工されます。建築物フレームの内側に取り付ける方法と、外側に取り付ける方法があります。また、鉄板やカーボンファイバーで補強する方法は、柱や梁を補強することにより建物の粘りを増加することにより建築方法です。さらにスリットを設ける方法は、隙間を設けて粘り強さを増す方法です。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市