家作りの第一歩はココから!

免震制震工法

免震とは建築物設計における地震力の影響を削減し、建築物構造の破壊を抑止することで、地震力でも破壊しないとする耐震とは異なります。また制震とは、地震力を建築物内部の構造メカニズムを用いて減衰させるか或いは増加を防止することにより、建築物の振動を吸収させることです。

 

日本建築学会では振動を制御することから制振を用いており、近年はこちらの用語に統一される傾向にあります。特に近年は大型建築物等では、免震、制震、耐震の全てを考慮して、これらの技術を組み合わせることにより安全性を高めています。

 

免震技術の内容としては、建築物の基礎部分に免震工事を施工し、振動を吸収します。その多くは振動を吸収するアイソレータやダンパーと呼ばれるものを組み込んでいます。

 

アイソレータは、地盤等と建築物の鉛直方向には支持を維持しても水平方向の動きを伝達しないようにするもので、一般には金属板とゴムを交互に積層した積層アイソレータと呼ばれるものが使用されています。その他としてはボールスライドレールと呼ばれるものや空気圧を利用したものなどがあります。

 

また、振動の吸収としては、ダンパーと呼ばれるものを用いて、振動を吸収しています。これは粘性流体を使用するオイルダンパー、金属塑性変形特性を利用する鉛ダンパーや鋼材ダンパーなどがあります。鉛ダンパーはあらゆる方向の振動への対応ができますが、積層ゴムアイソレータと組み合わせて使用することが多くなっています。一方、オイルダンパーは、シリンダー型ダンパーを大型化したもので、制振システムのあらゆる部分に使用されています。また制振壁はダンパー機能を組み込むことにより、層間変位を吸収するための壁であり、柱やブレースにもダンパー機能を組み込むものなどが開発されています。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市