家作りの第一歩はココから!

メリット・デメリット

地震大国である我が国においても、2011年3月の東日本大震災の甚大な被害は改めて防災に対する意識を高揚させるものとなりました。また、東海・東南海・南海連動型地震の発生がいつ起きてもおかしくないと言われる昨今、住宅についても安全度の向上のために、耐震化や免震化が進展しています。

 

住宅免震化の装置を設置することにより、地震力を吸収して揺れを減少させ、建築物の損傷や家具の転倒などの二次的被害も予防できることになります。免震装置は地震力による大きな加速度をゆっくりとした振動に変えるとともに、その振動を収束させる作用もします。これによって、建築物の損傷や二次的被害を予防するとともに、パニックの発生も抑制することが可能となります。

 

免震住宅にする最大のメリットは、単に建築物のもならず、住宅内の設備の損傷を予防し、ガスや水道の被害の発生を抑制し、安全性を向上できることです。免震することにより家具類の転倒による二次災害を予防し、人命を守ることができます。また住宅への被害を予防することは、財産の保全にも結び付きます。もし住宅への被害が発生すれば、補修や解体或いは建て替えの必要性が生じれば、時間的にも経済的にも大きな損害を被ることになります。

 

一方、免震を行うデメリットとしては、制震装置の工事に比較すると経費がよりかかるということです。免震装置としては坪当たり、10万円として、約250万円から500万円ほど工事費がかかります。これは制震なら約50万円から100万円程度で可能となります。また免震装置は、地盤及び建築物構造の制約が生じますが、トータル的にライフサイクルコストを小さくできると考えられます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市