家作りの第一歩はココから!

昔沼地の湿気た土地

健康的で幸せな夢の家づくりは土地探しから始まります。健康面を考えたら昔沼地で湿気った土地は考え物です。土地を宅地造成しても元々が強烈な湿地帯の場合、湿気のせいで押入れや部屋がカビ やすいなどが起こります。カビは人間の健康に被害を及ぼします。できれば避けたいのが昔は沼地だったという土地です。

 

沼地を避けるには、法務局で公図と土地の登記簿謄本取って、登記上の面積や土地の形状とか、宅地だったのか畑だったかなどもわかります。登記簿謄本の申請はだれでもできます。造成地だとしたら、販売業者から同じような資料が入手できるはずです。

 

間違って誤った場所を選んでしまったら、自然災害に巻き込まれる可能性が大きかったり、不健康な生活を営む事になったりしてしまいます。しかし、素人が見ただけではわからない場合もあります。家を買うのは一生に一度の大きな買い物ですから、失敗は許されません。住まいの設計者の専門家に診てもらうのも一つの方法です。費用は、半日で3万円ほどかかり、1日で5万円ほどかかるそうですが、安心のための経費と考えれば高くはないと言えます。

 

また、家を建てるときは、通勤や通学に便利とか、近所に大型のスパーなどがあって買い物に便利とか環境面でも色々考えるでしょう。そして、できれば次にあげるリスクも考慮して、安心で安全な土地選びをすることをお勧めします。

 

交通事故や子供、車の騒音、地盤沈下、河川氾濫、日当たり、周辺住民との付き合いなどのリスクが挙げられます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市