家作りの第一歩はココから!

昔の土壁

昔ながらの土壁は今の新建材のようなハウスシック症候群というものもなく、優れてはいますが、現代の一般住宅にそのまま持ってくるには無理があるようです。

 

日本の昔ながらの家の造りは夏場向きに造られていると言われていますが、いかに夏場を快適に過ごしやすくするかに重点がおかれていました。冬場の暖房というものがなく炬燵や火鉢などで部分的に暖をとっていました。他の国のように、部屋の空気全体を暖めるという発想がなかったのです。

 

夏中心の日本の家では、土壁を空気が通る方が湿気を捕ってくれるので、夏場を快適に過ごすことができ、それで都合がよかったのです。

 

土壁は、土を家を建てる前に寝かせて発酵させておきますから、家の中の環境を腐敗環境でなく発酵環境に変えますから、物が腐りにくく、ホコリなども少ないというメリットがありました。

 

高い屋根を造ることで屋根から来る熱を屋根で逃がし、室内を涼しくしていました。南に面した部分に大きな庇を作ることで、夏場の日射を遮って、冬場の日射を取り入れるという工夫もされていました。

 

土は熱を蓄えやすくする効果もありますから、エアコンやファンヒーターなどの空気を暖める暖房を使ったときは、このような土壁だったらいいですね。このような日本古来の土壁の良さを十分に活かした、しかも一般住宅の向けの新建材が開発されないものでしょうか。現にハウスシック症候群を起こす可能性のある新建材で苦しんでいる人が大勢います。そのような人が救われる日が来ることが待たれます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市