家作りの第一歩はココから!

押入れ

押入れのカビ対策には、晴れた日などは出来るだけ押入れの戸を開けて換気ができるようにしましょう。外壁に面している押入れの場合は、冬に結露がたまってカビの生える格好の温床となってしまいます。 押入れにカビが生えてしまうと、カビは胞子をつくり密室の押入れの中全体に胞子を撒き散らします。 そこに、湿気のある布団をいれるとさらにカビの繁殖の温床となります。

 

押入れの中の空気の通り道をつくるには、物をいっぱいに詰め込まないようにすることと、スノコ下に敷いて風通しを良くします。下だけでなくすべての面にはりつけているお宅もあります。

 

押し入れの中にカビが生えてしまった時ですが、水を使ってとると余計の繁殖がしてしまうような気がします。水分が心配でしたら、アルコールの方が蒸発が早く、カビにとっても除菌作用があり繁殖も抑えられます。なお、アルコール分65%以上という高濃度のものは危険物扱いになりますので、取扱いには十分な注意が必要です。エタノールも水よりもはるかに乾きが早く、浸透してカビの消毒にもなります。

 

また、薬局に行くとオキシュール(過酸化水素水)が売られていますからこれで拭いてみてください。過酸化水素水は発泡した活性酸素に強い殺菌効果があります。その後は風通しを良くしてしっかり乾燥させることが必要です。

 

また、エリエール 除菌できるアルコールタオル コンパクトボックス 30枚入というのもありますから、これを使うのもお勧めです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市