家作りの第一歩はココから!

04-07 カビを生えさせない工夫 クローゼット

クローゼットも押入れもカビ対策はほぼ同じです。どちらも、空気の流れが重要です。

 

クローゼットに湿気がたまって、お気に入りの衣類などにカビが生えたら大変です。湿気をため込まないように、空気の流れを良くするには、クローゼットの両端端を、ほんのわずか開けておきます。そうすることで空気の流れができるようになります。

 

梅雨時とか、あまりに湿度が高い日が続いた時は、薄く開けた一方から2〜3時間ほど扇風機で風を送ります。扇風機の風で押入れ内の湿った空気を入れ替えることが出来ます。

 

また、湿気取りには新聞が効果があります。材質が粗くデコボコがある新聞紙は他の紙類と違い、湿気を吸いやすいのが特徴です。筒状に丸めた新聞紙を何本か入れておくだけで湿気とりの役割を果たしてくれます。湿気た新聞紙は取り替えましょう。

 

私は友人に聞いて、トイレットペーパーをクローゼットの中に入れています。予備に買ってきたトイレットペーパーの袋を少し開けてクローゼットのなかに入れておくわけですが、そのトイレットペーパーを使うとき触ると湿気ているので「クローゼットの湿気を吸い込んでくれた!」と、ニコッとしてしまいます。「お金のかからない防湿剤」として利用しています。

 

もしも不幸にしてクローゼットの中の衣類にカビが生えてしまったら、洗濯やクリーニングなどで一度全て洗うことをお勧めします。最低でも全て天日干しにしてカビの菌を根絶させる必要があります。その間に、クローゼットの内部を消毒用エタノールでカビを綺麗に拭き取りしっかり乾燥させます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市