家作りの第一歩はココから!

風水と家相

風水の歴史は古く、今から1400年、あるいはそれ以上前のようですが、風水を今の形にしたのは秦の始皇帝が中国全土を統一しそれからだと言われています。時代は変わって、日本で最初に風水を学び実践したのは聖徳太子、その後高僧などから全国に広まったとされています。10年ほど前からブームになっていますが、住宅やインテリアへの応用が見られるようになりました。

 

風水から見る間取りも、家相から見る間取りも、そして現代の建築の間取りも、その多くは同じです。まずは日当たり、風通しから考えられています。間取りは暮らし心地を決める大事な要素です。

 

ある住宅会社のアンケートでは、間取りで優先した順位は、1位に日当たり風通しの良さで、2位が収納量となっています。風通しも 採光も住んでいる人の健康にかかわってきます。

 

日当たりのことで考えるとき、キッチンをどこに持ってくるかということになりますが、台所は明るく風通しが良いのが理想です。キッチンは火を扱うため、体感的に暑く感じる場所ですし、西日が当たる場所というのは、現代は冷蔵庫があるので西日が当たって食べ物が悪くなるということはなくなりましたが、夏は食欲を減退させがちです。その点、東向きのキッチンは、朝日が当たって朝食の準備をするにも体が楽です。キッチンが寒いと料理をする人の健康にも影響を及ぼしますから、キッチンは朝日があたる向きに持ってきたいものです。

 

風呂場やトイレは、家相からみるとどうしても「鬼門」の場所になりやすいのですが、このことは神経質にならず、換気に気を付けて掃除をまめにすることで悪い運気の侵入を防げます。

 

風水ではトイレでその家族の健康運が決まると言われていますトイレの健康運アップの方法として「1:毎日掃除をして常にピカピカに」「2:便座のフタは必ず閉じる」「3:トイレの収納には必要最低限のものだけ」「4:窓は開けるか窓がない時には常に換気」「5:観葉植物を置く」「6:トイレのタオルは1週間おきに取り替える」などとしています。

 

やはり、トイレに限らず清潔にしておくことは健康で快適な生活に繋がります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市