家作りの第一歩はココから!

合成接着剤

シックハウス症候群と呼ばれる、住宅に使用される化学物質を含んだ建築資材が原因とされる疾患があります。この原因になっている建築資材は、床下の白アリ駆除剤やその他の防虫や防炎効果のある薬剤が含まれるカーテンやカーペット、有害な化学物質が含まれる合板や構造材、床板や他の建具等になっています。加えて、様々な住宅資材の中で1番使用面積の大きい壁紙が重大な問題になっているのです。2003年7月に改正施行された建築基準法以降は、健康被害が懸念される建築資材に関しては厳重な使用制限が定められていますが、それ以前に建築された住宅には有害性を指摘される塩化ビニールの壁紙が使われていました。そして、この壁紙自体よりも壁紙と下地を貼付ける接着剤が更に大きな問題と指摘されているのです。この有害な合成接着剤には、どんな成分が含まれていたのでしょうか。

 

2012年5月に千葉県を中心とした浄水場の水から、国で定められた基準の水質を超える有害物質、ホルムアルデヒドが検出されました。発生当時には広範囲の地域で断水になる処置が取られていたのです。実は、この騒ぎの元凶となったホルムアルデヒドがシックハウスの原因の一つと言われていた住宅の合成接着剤に含まれていました。これらの合成接着剤にはこのホルムアルデヒドの他に、トルエンやアセトアルデヒド、キシレン、エチルベンゼン等が含まれていて重大な健康被害をもたらしていたのです。

 

これらの有害な住宅用接着剤の解決策として、現在各ハウスメーカーが積極的に用いているのが「米のり」や「にかわ」になります。この日本の伝統的な接着剤が、実は人体に無害な健康的な家作りに極めて有効なのです。これらの天然接着剤は、従来の合成接着剤に比較して幾らかの手間とコストがかかりますが、健康的で安心して暮らしていけるメリットは何ものにも代えられないのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市