家作りの第一歩はココから!

屋根

従来工法で建てられる住宅に代わり、近年話題になっている工法に無添加住宅があります。この工法は最新の技術を導入した新しい工法のイメージがありますが、実はコンセプトとしては全く逆で、主に昔ながらの自然素材によって建てられる住宅なのです。

 

日本では30年程前から化学物質が含まれた建築資材によるシックハウス症候群と呼ばれる疾患が問題になっています。このシックハウスは、建材である床材や壁紙、柱等の構造材に含まれる化学物質によって人体に様々な症状を引き起こす深刻なものなのです。この原因となる化学物質を極力排除して、健康的な暮らしを安心して送る目的で自然素材中心に建てられるのが無添加住宅ですが、このメリットは健康面だけではありません。

 

一般的な建売住宅の屋根にはコロニアルと言う屋根材が使われるケースが多いのですが、このコロニアルの屋根は寿命が大体30年程度と言われています。経年劣化の状態によりますが、屋根全てを葺き替えするとリフォーム費用は数百万円は必要と言われているのです。これでは長期ローンが終わる頃にまた多額の住宅の補修費が必要になってしまいます。この問題を解決するのが、石材を屋根に使った工法なのです。

 

中世の美しい街並みを今も維持しているヨーロッパの建築物は、訪れる旅行者を魅力してやみません。建築されてから何百年も経過しても劣化していないこれらの建物には、粘板岩と言う石材が屋根に使われています。この粘板岩は、加工が容易な上に極めて耐久性に優れています。劣化した時は部分的な補修も可能で、屋根材としては正に最適の素材なのです。耐久性と軽量を併せ持つ、この粘板岩が最近の無添加住宅に多く使われているのはこのような理由なのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市