家作りの第一歩はココから!

漆喰の勧め

住宅建材に使用される有害な化学物質が原因と言われているシックハウス症候群ですが、その中でも塩化ビニールの壁紙や化学接着剤等は深刻な健康被害をもたらすと指摘されています。これらの化学建材はシックハウスの原因となるホルムアルデヒド等を住宅内に飛散させるだけでなく、もし火事になると人体に極めて有害なダイオキシンを大量に発生させてしまうのです。

 

昔ながらの日本家屋の壁によく使用されてきた素材に漆喰があります。この漆喰の1番のメリットとして、石灰岩を主成分としているので燃える事がない事が挙げられます。そして、この漆喰は化学建材のように有害物質を飛散させないどころか、シックハウスの原因とされるホルムアルデヒドやVOC揮発性有機化合物を吸着して分解してしまう優れた働きがあるのです。他にも漆喰には優れた点が幾つかあり、吸湿性や法湿性に優れている為に結露を防ぎ建物自体の耐久性を高める点や、前述の耐火性や有害化学物質の吸着分解、有機物を分解する殺菌機能によるカビやダニの発生予防、漆喰の主成分の静電気を発生させない炭酸カルシウムによるホコリの付着防止、漆喰自身の固着性によって有害な合成接着剤を必要としない点、等が挙げられます。

 

また新建材の塩化ビニール等の壁紙は経年劣化による汚れを落とす事が難しいのですが、漆喰は汚れた部分をカッターナイフで薄く削り取るか消しゴムで軽く擦って消す事が可能です。正にメリットのオンパレードが日本古来の漆喰なのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市