家作りの第一歩はココから!

空気感

優れた住宅と言うのは呼吸をしています。昔の日本家屋は、使用される材質にしても換気にしても人間が生活する上で適度な環境が保たれていました。ところが、現代では健康被害に繋がる有害な建築資材の使用や、高密度の住宅構造によって住居の安全性が損なわれているのです。

 

シックハウスに代表されるこれらの事態を受け、国土交通省は2003年7月に住居の安全性を高める目的で建築基準法を改正しています。その主な内容は、有害なクロルピリホスとホルムアルデヒドを添加した建築材料の使用制限と、条件に応じた換気設備の義務付けになります。クロルピリホスに関しては、居室を有する建築物についてこの化学物質を添加した建材が使用禁止になり、ホルムアルデヒドを発散する内装仕上げの建材は居室の種類と換気回数に応じて使用の面積制限が定められたのです。このホルムアルデヒドを含む建築材料を使用しないケースでも家具等からの発散があるので、各居室には一般的な換気設備や、室内空気を浄化して外気を供給する方法の機械式換気設備、中央管理システムの空気調和設備のいずれかの換気設備の設置が義務付けられているのです。これらの法規制は、いずれもシックハウス対策として制定されたものになります。

 

ご存知のように、住宅の中でクロス(壁紙)は室内の最も広い面積で使用される仕上げ材です。このクロスには多種多様な種類がありますが、その中で1番人体に有害と言われている塩化ビニール壁紙が多く使われていたのです。そして、この塩化ビニール壁紙を下地に張り付ける時に使われるのが化学物質が含まれる合成接着剤なのですが、健康被害の原因は、塩化ビニール壁紙本体よりもむしろこの合成接着剤だと指摘されています。シックハウス対策としては、これらの有害物質を出来るだけ使用しない事と適正な換気システムの設置が有効とされているのです。家に呼吸をさせる事が、健康維持にも繋がるのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市