家作りの第一歩はココから!

補助制度

エネルギー問題は今や人間が解決しなければならない最優先の問題かも知れません。遥か昔から地球上に蓄えられてきた自然資源を、私達現代の人間は間もなく飽食しつくそうとしているのです。近代に入ってからの文明の進化はすさまじいものがあります。産業にしても交通にしてもインフラにしても、過去の時代に夢の未来像として描かれてきたものを人間は次々と現実のものとしてきたのです。

 

日本国内に限っても、かっては東海道線の特急列車で東京と大阪を6時間50分で結んでいたのが、現在では新幹線で僅か2時間30分程での移動が可能になっています。例として鉄道を挙げましたが、コンピュータや携帯電話は僅か30年前には人々の想像だけの遥か未来のものだった筈です。そして、この文明の進化を支えてきたのが石油を始めとする自然資源だったのです。

 

過去にはあまりこの自然資源を消費していなかった国々も、経済成長に伴って飛躍的にエネルギー消費が増大していると言われています。エネルギー問題に関しては、残り少ない自然資源をどれだけ有効的に利用できるか、どれだけエネルギー消費を抑えられるか、どれだけ新しいエネルギー資源を作り出せるか、と言う段階に入ってきています。自動車に関しては、このエネルギー問題に有効な自動車に対して様々に税制面での優遇制度が定められています。そして、その動きは住宅産業にも拡大しているのです。太陽エネルギーの各家庭単位での有効なエコ対策として太陽光発電システムがありますが、政府はこのシステムを導入した家庭にそれぞれの機器の規模に応じて補助金を給付する制度を定めています。有効なエコ対策は、今や国単位、いや地球単位に求められている事なのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市