家作りの第一歩はココから!

構造のメリット

海外からの旅行者が昔ながらの日本家屋を訪ねると、その優れた合理性に感嘆の声を上げると言います。徒然草を著した吉田兼好は「家は夏に合わせた作り方をするべきだ。冬は暖房をつけたり重ね着をする事でしのげるが、夏に暑い家は住み難い。」と言った言葉を残しています。

 

田舎等に見られる伝統的な日本家屋の特徴に、屋根の庇が長く夏の直射日光が直接室内に入らない構造になっています。高床式は床下の通気性を確保し、各部屋の仕切りに使われていた襖は暑い夏には全てを開け放して風通しを良くすも事が可能になっているのです。また、この襖で仕切られた連続した和室構造は、冠婚葬祭等の大人数の集まりには襖を取り外して大広間を作る事も出来るのです。

 

住宅の夏の暑さと言うものは、屋根や外壁からの日射熱も関係しますが実質的には窓からの日射熱の影響が大きいと言われています。夏の日差しは東西方向からの侵入が多いのでこちら側の窓は小さく、逆に寒い冬の日差しを取り込みやすいように南側の窓を大きく作るのも昔の家作りの基本と言われています。この建て方は、実は昔ながらの「家相」にも伝えられているのです。「家相」と言うものは単なる占いではありません。日本の気候や風土に対応して、古人の知恵によって家の向きや位置、間取り等が記されているのが「家相」と言う家作りの基本と言えるのです。現在の都市部等の住宅事情では、中々これに沿った家作りは難しいかも知れませんが、「家相」は住みやすい住宅のモデルケースなのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市