家作りの第一歩はココから!

無添加へ

無添加に対する反対語と言うと、添加になります。この添加と言う言葉は、一般的に天然で無害なものと言うより化学的なものを加える意味合いになっています。もちろん一概に化学的なもの全てが人体に有害と言う訳ではなく、保存や効果に有効なものも確かに存在しています。しかし、食品に含まれる化学的なものにはやはり問題があるものが少なくないのです。ここには食品だけでなく、本来健康の為に作り出された薬品の場合も含まれています。また、産業の発達に伴って生成されてきた工業用化学薬品も人間に害を及ぼすケースが指摘されているのです。そして、これらの化学物質の被害は、私達が住んでいる一般の住宅にも及んでいるのです。

 

1980年代に、原因不明の化学物質過敏症に似た症状の健康障害が多く現れてきます。この症状としては、目の痒みや痛みに加えて涙目や充血、鼻水や鼻詰まり、眩暈や頭痛等の他に耳鳴りや止まらない咳や喘息等になっていました。更に、じんましんや湿疹、痒みと言った皮膚障害、吐き気や不整脈等の多岐に渡るものだったのです。当初、これらの患者の診察にあたった医師達は化学物質過敏症との診断を下すケースが多かったようです。この化学物質過敏症とシックハウス症候群との違いは、化学物質過敏症の方は様々な化学物質で症状が現れる為にどんな場所でも発症しますが、後者はある種類の化学物質に汚染された特定の屋内にのみ発症する事になります。このシックハウス症候群の原因特定は後になってからですが、原因となる化学物質の発生する住宅に住んでいる限り症状が改善する事はなかったのです。

 

やがて、このシックハウス症候群の対策として厚労省や国土交通省が問題解決の為に規制に乗り出しますが、規制以前に建築された住宅に住んでいる方達は今もこの症状に苦しんでいる方が少なくありません。これらのシックハウス症候群に対する抜本的な解決策は、原因とされる化学物質の存在しない住宅に住む事に行き着きます。人体に有害な化学物質を添加していない、無添加の建築資材で建てられた安全な住宅だけがシックハウス症候群から逃れられるのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市