家作りの第一歩はココから!

シックハウス汚染源

重大な症状が複合して現れるのが特徴と言われるシックハウス症候群に対して、政府からも解決に向けて規制が定められています。このシックハウス症候群の原因としては、どう言ったものがあるのでしょうか。

 

まず、住宅の中で原因とされる化学物質が使われているのは、床下に散布される有機リン系殺虫成分が使われる白アリ駆除剤や防虫剤や防炎剤が含まれるカーペットやカーテン、合成接着剤や硬化剤が含まれる構造材や合板、床板や建具等になります。更に、建築資材の中で1番人体に影響があると言われているのが塩化ビニールを使った壁紙なのです。この塩化ビニール自体の毒性もさる事ながら、下地に張り付ける為の合成接着剤の有害性も指摘されていて、住宅の中のあらゆる壁面に使用される表面積の大きさが被害を拡大させている一因にもなっているのです。

 

厚労省は、このシックハウス症候群問題に関係のある、人体に影響のある13種類の揮発性有機化合物についての濃度指針値を定めています。これらの化学物質は、ホルムアルデヒドやアセトアルデヒト、トルエン、キシレン、エチルベンゼン、スチレン、パラジクロロベンゼン、他になっています。この指針値について厚労省は、あくまで「一生涯その化学物質について指針値以下の濃度の暴露を受けたとしても、健康への有害な影響を受けないであろう、との判断によって設定された値」としています。改正された建築基準法は、これらの毒性が予見される化学化合物の使用制限と一定の条件での換気設備の義務付けを定めているのです。政府の対応はここに来て厳しいものになっていますが、残念な事はこのシックハウス症候群が人間自らに作り出された深刻な健康被害だと言う事なのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市