家作りの第一歩はココから!

シックハウスチェックポイント

健康に重大な被害があるとされる、化学建材を使った住宅が原因とされるシックハウス症候群ですが、このチェックポイントとしてはどう言ったものが挙げられるのでしょうか。

 

アレルギーの原因物質とされる化学建材に含まれるアレルゲンに反応して、喘息や喉の痛み、アトピー等の症状を訴える方が年々増加しています。これらの喘息の原因としては、ダニやカビ等のハウスダストが指摘されていますが、その他には建材の接着剤に含まれるホルムアルデヒドもシックハウス症候群の要因とされているのです。このシックハウス症候群は、内装材の壁紙やそれに使用されている化学物質の含まれる接着剤、同様の接着剤を使用している単層や複合のフローリング等からの化学物質の拡散が人体に悪影響を与えています。他には、最近の高密度の構造から結露が発生するのもシックハウスの誘因の一つとなっているのです。これは結露自体ではなく、結露によってダニやカビが繁殖する事でシックハウスを引き起こしやすい住居環境になってしまうからなのです。

 

現在では改正された建築基準法によって、新築住宅に関しては有害とされる化学物質を含んだ建材の規制、適切な換気設備の義務付けが定められています。しかし、この規制以前の建築物に関してはやはり健康被害の危険性が指摘されているのです。このようなケースでは、まず有効な対策になるのが換気になります。密閉された高温度状況の室内では化学物質の揮発が促進されてしまいます。建材からの化学物質は新築された時の放散量が最も多く、やがて年数に従って徐々に減少していきます。とは言え、密閉された条件では中々放散量が減っていかないので、出来る限り日中の換気を行う事で室内の化学物質の量を減らしていく事が有効なのです。

 

また、費用が掛かる点がありますが、体に害の少ない天然素材を使ったリフォームをすれば健康被害のリスクを大幅に低減する事が出来るのです。また、建材だけでなく、室内に置かれた家具等もシックハウスの原因になるものが少なくありません。加えて、殺虫剤や衣類を保護する防虫剤が人体に被害を与えているケースもあるのです。有機リン系やピレスロイド系、カーバメート系等を使った殺虫剤はシックハウスの原因として指摘されています。シックハウス症候群を防ぐチェックポイントとしては、内装材や床材はもちろん家具や殺虫剤等に至るまで住宅内の全てが対象に挙げられているのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市