家作りの第一歩はココから!

エコ住宅の窓

住宅において、窓は光や空気、熱を外と内に行き来させる部分になります。窓の開け閉めだけでも、室内の温度コントロールに直結します。また、構造上どうしても隙間はできやすくなり、窓から外気が侵入したり、内部の空気が漏れやすくなったりする部分にもなります。窓にはガラスが使われていますが、どんなガラスを使うかによって断熱性が変わってきます。ガラスの一般的性質として熱伝導のよさがありますが、外気と住宅内部の空気の温度を逃がし合うことになるのです。

 

エコ住宅の窓の部分には、ペアガラスや断熱サッシが採用されることが多いそうです。ペアガラスとはガラスを2枚合わせにしたものです。2枚の間に空気の層をつくることによって、窓の断熱性を高めることができます。窓の構造として外側にサッシを設けることがありますが、このサッシも断熱性が高い素材を使えば熱を遮ることができます。

 

窓が大きいと、広々と外を見渡すことができて気持ちがよいものです。しかし窓が大きいほど、光や熱が通る面積は大きいことになります。窓の個数が多いと、風通しはよくなりますが、熱の逃げ道は増えることになります。景色を含めた居心地のよさはもちろん重要ですから、窓を大きくしたり多く作ったりするのなら、その分だけ断熱性への対策を強化すると「エコ住宅」になっていくでしょう。

 

最近はカーテンの機能性も高まり、遮光や遮熱の性能があるものがたくさん揃っています。窓部分のエコ住宅化を図る際、カーテンの機能にも注目すると省エネ効果が高まります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市