家作りの第一歩はココから!

エコ住宅のドア

住宅の中で窓は空気が行き来する部分とすぐにぴんときますが、ドアも開閉される場所で、空気が通り抜けやすい部分です。玄関のドアを開けっ放しにしていることは少なくても、ドアを開け閉めして出入りする頻度はかなり高いです。また、ドアを囲む壁に断熱材を使っていたとしても、ドア部分に断熱材を使っていなければ、そこから熱が逃げやすいことになります。

 

ドアの断熱効果を高めるには、ドア内部に断熱材を使ったり、ドアのガラス部分に断熱ガラスを使ったりする方法があります。また、ドアを閉めた状態だとしても、隙間風が気になったりします。隙間を埋めるには、しっかりとゴムで間を埋めることができているか、ドアまわりを補強する方法があります。ゴムが摩耗しているとどうしても空気が出入りしますから、その場合はゴムを取り換えると省エネ効果が高まります。ドアをリフォームしようとするとき、元々のドア枠の上に新しいドア枠を取りつけて、新しい扉をはめる工法があります。古くなった玄関扉を新しくするだけでなく、構造としても隙間なく閉まるドアに変えることができる方法と言えるでしょう。

 

最近、和風の引戸の玄関というものは少なくなってきました。引戸は構造上どうしても隙間ができやすくなり、省エネ効果の点では開き戸タイプのものより劣ってしまいます。しかし、引戸の長所として、開き戸タイプと違ってドアが移動するのに必要な空間を考えなくてもよい点があります。最近は、断熱性を持たせた引戸のバリエーションが増えているので、ニーズによっては検討してもよいのではないでしょうか。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市