家作りの第一歩はココから!

エコ住宅の断熱性

太陽光は住宅の断熱性にダイレクトに影響する要因です。日差しが暖かければ住宅内での暖房は不要になりますし、日差しがなく寒い日であれば住宅内で暖房が必要になってきます。四季折々の太陽光に合わせて生活していけるとよいのですが、現実のあまりの暑さ・寒さに耐えかねる日も出てきます。太陽光と折り合いながら暮らしていく知恵の一つが、住宅の断熱性の追求ということになるでしょう。

 

エコ住宅は壁や床などに断熱性を高める素材を用いていますから、その性質を把握して日差しを遮ったり取り込んだりすると、省エネ効果が上がります。夏はできるだけ太陽光が入らないように、冬はできるだけ太陽光を取り入れるようにします。断熱性が高い住宅は、住宅内に熱が一旦入ると出にくい傾向がありますから、夏場は特に日差し対策が重要になってきます。逆に、冬場は太陽光を取り入れ暖房を使えば、暖房効果は維持されやすいと言えます。住宅そのものに手を加えなくても、遮熱フィルムやカーテン、すだれで対応するほか、植物で日差しを遮る方法もあります。

 

エコ住宅の建築材料として、断熱材ではなく木材を用いる方向性があります。木材も断熱性を持った素材です。乾燥した木材は、元々含まれていた水分が抜けて、その隙間に空気を含んでいる状態になっています。その空気が温度を維持させるうえで役割を果たします。窓ガラスの断熱に使われるペアグラスは、2枚のガラスの間に空気層を作った状態のものですが、木材も同じく空気によって断熱を可能にしているのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市