家作りの第一歩はココから!

エコ住宅の通気性

エコ住宅は断熱性が追及されますが、同時に重要になってくるのが通気性です。断熱性が高くなるよう気密性を高めれば、空気の移動が起こりにくくなり、通気性が低くなります。通気性が低い住宅は湿度が高くなりやすく、カビやダニの発生、住宅の劣化などの原因になります。湿度対策として除湿器や加湿器の利用もありますが、省エネを考えれば、まずは窓を開けるなどの風通しの対策を考えるとよいでしょう。

 

部屋の窓が一つしか開いていなければ、風が入っても通り抜けることができず、風通しは悪くなります。風の入口と出口の両方を確保するようにしたいものです。小さな窓でも、風の出口としては十分な役割は果たしますから、これから住宅を作るなら、風の「導線」も考えるとよいでしょう。

 

そもそも日本は湿度が高い国であり、昔から日本の住宅は湿度を調節しやすい木材で作られてきました。現代になり石油製品の使用が増えましたが、通気性が悪い素材によって高湿度となったときの弊害が指摘され、今は通気性にも着目した素材が開発されています。断熱材の素材は自然な素材由来のもの、プラスチック系のもの、鉱物由来のものの三つに分けられますが、湿度調整の点では自然な素材由来のものが優れています。発砲スチロールのようなプラスチック系のもの、グラスウールのような鉱物由来のものは吸湿性が低く、壁の中で結露を起こしやすくなります。一方、木質繊維などの自然な素材に由来するものは吸湿性が高く、結露は起こりにくくなります。長期にわたり生活していく住宅ですから、良好な状態を保てるよう通気性に関しても考慮したいものです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市