家作りの第一歩はココから!

スマートハウス提唱の流れ

1980年代に「スマートハウス」の概念はアメリカで提唱されました。住宅設備や家電などを情報網で結んで最適化コントロールを行い、生活する人に合わせたサービスを提供するといった概念です。1990年代には、21世紀の住宅を念頭に置き、そのコンセプトに沿った住宅の開発が進みました。この時期には、外出先からの電話を利用した鍵やエアコンの操作、ホームセキュリティやホームバンキング、テレビを利用した家電のコントロールなどのコンセプトが提案されました。スマートハウスは、住宅設備を自動化していく「ホームオートメーション」の概念だったと言えるでしょう。

 

2000年代に入るとインターネットの普及が急速に広がり、それまでの電話やテレビの回線を使ったコントロールから、インターネット回線を利用した発想に変わっていきました。家電全般がデジタル化し、インターネット回線を用いて接続することができるようになり、エネルギーコントロールが現実化できるような状況になってきました。またWebカメラなどインターネット関連の機器類も発展し、留守宅や高齢者のみの住宅でも外から様子を見ることができるなど、サービスの幅は広がっていきました。

 

2010年代に入り、HEMS(Home Energy Management System)というエネルギー管理システムによって住宅のエネルギーを全て管理する住宅がスマートハウスとされるようになってきました。HEMSのある住宅は、太陽光発電などを取り入れ、作ったエネルギーを家電や電気自動車に効率的に振り分けることができます。スマートハウスの導入は官民挙げて取り組まれ、これからも新技術を取り込んだ住宅が提案されていきそうです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市