家作りの第一歩はココから!

スマートハウスの中核となるHEMS

スマートハウスの中核はHEMS(Home Energy Management System)と呼ばれるエネルギーの管理システムです。HEMSは、住宅内の太陽光発電システム、蓄電池システム、家電製品などをネットワークで結び、外部の電力網や情報網とつなげます。HEMSでは、消費電力と発電量などを視覚的にわかりやすく提示するモニターを使っているものが多くみられます。モニターは、液晶画面でタッチパネル方式になっており、モニターの操作により住宅のエネルギー状況が一目でわかるようになっています。住宅内全体だけでなく、各部屋の電力供給状況も把握できます。また、無線LANを介してテレビやパソコン、スマートフォンなどの情報機器から電力状況を確認することができます。

 

エアコンやテレビ等、人がいなくなったりすると運転をストップするなど、一つ一つの電気製品でも省エネを図ったものが開発されています。HEMSは、これらの電気製品全体を管理するシステムといえます。一つ一つの製品の能力が向上し、HEMSとの連携がとれるように開発が進めば、より使いやすくエネルギー効率のよい住宅を目指せることになるでしょう。

 

2012年には、HEMSも政府の補助金の対象になりました。一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)が「エネルギー管理システム導入促進事業費補助金」(HEMS導入事業)を進めており、対象商品が発表されています。住宅一戸につき100,000円までの補助金が受けられ、2014年1月末までが申請期限になっています。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市