家作りの第一歩はココから!

長期優良住宅

長期優良住宅は、その名称どおり、長期に渡って優良な状態で使用できる住宅のことを言います。経年劣化に耐える住宅は、新しい住宅を建てるための様々なエネルギー利用を遅らせ、環境への負担やエネルギー消費を抑えることができます。

 

2009年6月には「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が施行され、基準を満たすと税制面で優遇を受けられるようになりました。9つの基準は、(1)劣化対策、(2)耐震性、(3)維持管理・更新の容易性、(4)可変性、(5)バリアフリー性、(6)省エネルギー性、(7)居住環境、(8)住戸面積、(9)維持保全計画です。

 

(1)劣化対策では、少なくとも100年継続使用するための措置が必要であり、例えば木造住宅であれば床下空間に33センチ以上の高さを確保したりします。(2)耐震性では、極めてまれに発生する地震に対し、少しの改修で住み続けられる措置が必要です。(3)維持管理・更新の容易性では、耐用年数が短い内装・設備の管理がしやすいことが必要になります。

 

(4)可変性は共同住宅・長屋で適用され、ライフスタイルの変化などに応じて間取り変更しやすいようにします。(5)バリアフリー性は共用部分に対する基準で、バリアフリー改修に対応できるような空間を廊下・階段・エレベーターに確保します。(6)省エネルギー性では、省エネルギー判断基準に適合する断熱性などの省エネ性能が求められます。

 

(7)居住環境では、地域の景観形成に配慮することが求められています。(8)住戸面積では、良好な居住水準を確保するだけの規模が必要で、一戸建ては75平米以上、共同住宅は55平米以上を要します。(9)維持保全計画では、建築後の定期的な点検・補修などの計画を行うことが必要となっています。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市