家作りの第一歩はココから!

太陽光発電の補助制度

エコ住宅における太陽光発電システムは、現在のところ導入時に補助制度を利用できます。国が行っている補助は、太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)が窓口となっています。対象となる太陽光発電システムの基準は、低圧配電線と逆潮流有りで連系すること、住宅の屋根等への設置に適した太陽光発電システムであることとされています。また太陽電池モジュールの公称最大出力合計値またはパワーコンディショナの定格出力合計値のいずれかが10kW未満であることも要件になります。補助金額の目安としては、設置するシステム1kW当たりにかかる経費が3.5〜47.5万円の場合は1kW当たりに対しての補助金が3.5万円、経費が47.5〜55.0万円の場合は1kW当たりの補助金が3.0万円となります。申請期間は2012年4月19日〜2013年3月29日です。申し込みをしてから補助金が振り込まれるまで、最大13.5ヶ月ほどの期間が必要ですので、計画的に進めていくとよいでしょう。手続きは、行政書士または行政書士法人に書類作成の代行を依頼できます。

 

国の補助制度とは別に、地方自治体による補助制度もあります。地方自治体が独自に行っている補助制度の場合、太陽光発電システム導入1件につき国と地方自治体と両方から給付を受けることができます。北海道から沖縄まで、県・市などの各地方自治体で補助制度を設けていますので、居住地域の制度を調べてみるとよいでしょう。

 

住宅用の太陽光発電システムのトータルの設置件数は、2012年4月末までに国内で100万件を突破したそうです。国の補助制度の申請期間が定まっているように、年度が進むと補助制度が廃止される可能性もありますので、システムの導入を検討される方は導入時期も考慮するとよいでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市