家作りの第一歩はココから!

シックハウス症候群

シックハウス症候群は、新築の建物などにおいて化学物質が空気を汚染することを原因として起こります。症状として、頭痛やめまい、吐き気、皮膚症状、平衡感覚失調、呼吸器障害のほか、意識障害などの中枢神経性障害を引き起こすこともあります。症状の現れ方には個人差があり、同じ部屋にいても症状が出る人と出ない人がいます。建物の内装などに含まれた接着剤や塗料の有機溶剤、シロアリ対策の防蟻剤などの揮発性の高い有機性化学物質などに反応して、症状は起こります。気密性の高い建物ほど起こりやすくなります。

 

厚生労働省は、揮発性有機化合物13種類について対応を示しています。代表的な化学物質には、ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、トルエン、キシレンなどがあります。シックハウス症候群が社会的に問題とされるようになってから、建築材料にはホルムアルデヒドの発散レベルが低いものが使われるようになりました。

 

建築基準法では平成15年7月からホルムアルデヒドや換気について規制を設けています。住宅では、換気回数は0.5回/h以上という換気量が義務づけられました。また、シロアリ駆除剤などに使われていたクロルピリホスの使用が禁止されました。

 

シックハウス症候群への具体的対策としては、上記のように換気なども用いて住宅内の通気性をよくすることのほか、太陽光による乾燥と殺菌を利用すること、洗濯物の部屋干しをできるだけ避けること、こまめに掃除すること、じゅうたんよりもフローリングを選ぶことなどがあります。シックハウス症候群の発症にはカビ・ダニも関係するので、その対策を行うことでも空気汚染を防ぐことができます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市