家作りの第一歩はココから!

エコ住宅の壁

エコ住宅を建築するなら、断熱性のある壁にすることは欠かせません。壁は、外気と住宅内部の空気を直接遮断するものですから、その構造や素材次第で住宅内の断熱性が変わってきます。断熱性が高い壁ならば、暖房・冷房の高率を高めることができ、省エネになります。

 

壁の断熱を図る際、外断熱と内断熱という二つの方法があります。外断熱とは、住宅全体を外側から断熱材で覆ってしまう方法です。この方法では住宅内部の熱が保たれやすくなります。夏は外気の暑さを、冬は外気の寒さを防ぎやすいので、冷暖房の効果が維持されやすい方法です。住宅全体を断熱材で覆うので、気密性が高くなりやすいという特徴もあります。長所が多い反面、断熱材がある故に冷暖房の効果が上がるまで時間がかかりやすいという短所があります。

 

内断熱は、充填断熱ともいわれる方法で、柱と柱の間に断熱材を使います。木造住宅の多くはこの方法をとっています。内断熱の方法の場合、建物全体に断熱材が使われていない分、冷暖房の効果がすぐに上がりやすいのが長所です。その一方、柱部分には断熱材が使われていないので、外断熱の方法に比べれば外気の熱の影響を受けやすくなり、住宅内の温度維持の効果は弱まります。

 

一つの住宅において、外断熱と内断熱の二つの方法を取り入れて施行することも可能ですので、業者に相談してみるのもよいかもしれません。住宅構造や立地に合わせて、業者も可能なアドバイスをしてくれるでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市