家作りの第一歩はココから!

エコ住宅の屋根

住宅において、屋根は太陽光を直接受けることが多い場所であり、住宅内の温度コントロールにも影響します。夏、太陽光が当たり屋根の温度は上昇しますが、それが住宅内部に伝わりにくいよう、エコ住宅では工夫が必要になってきます。

 

一つの方法として、屋根の外側に太陽光を反射させる素材を取り付ける方法があります。これは、太陽光の影響を直接逸らしてしまう方法といえるでしょう。また、屋根の温度が住宅内に影響しないようにするためには、壁などと同じく断熱材を使う方法があります。屋根や天井の裏に断熱材をとりつけ、夏は太陽光による熱を伝えにくいように、冬は住宅内部の暖かい空気が屋根に逃げないようにすることができます。

 

最近はロフト付きの部屋もあり、高い天井に換気扇がついていることがあります。おしゃれな風景というとらえかたもありますが、ロフトの換気扇あるいは屋根裏の換気システムによって、空気を排出することは実用性があります。住宅上部の熱を排出できれば、夏は冷房効果が上がることになりますし、換気システムは操作可能ですので必要な時にだけ使える利点があります。

 

そのほか、建築材料やシステムに頼らない方法として、植物の力を借りる方法があります。ビルの屋上にグリーンが広がる光景をみなさんもどこかで見たことはないでしょうか。植物があるすてきな空間ということだけではなく、植物によって太陽光が遮られるので、省エネの点でも効果があります。屋根の構造によっては難しい方法ですが、導入可能な住宅なら試してみる価値がありそうです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市