家作りの第一歩はココから!

住宅の工法の種類

最近プレハブ住宅への関心が高まっています。ご参考までにプレハブ住宅も含めて住宅の工法にはどういった種類に分けられるのか、基本的な説明をさせて貰います。住まいの工法は「木造軸組工法」、「ツーバイフォー工法」、「プレハブ工法」、「鉄筋コンクリート工法」の4種類に大別されます。

 

「在来工法」とも呼ばれる木造軸組工法は日本で昔から行われてきた伝統的な工法で、メリットは「形やデザイン、間取りなど設計の自由性が高い」、「変形敷地など難しい土地でも対応しやすい」、「建てた後に増改築しやすい」など。

 

一方ツーバイフォー工法は北米で誕生した工法で、床や壁、天井の面で構造体を作るのが特徴的です。ちょうど「箱」のような構造をイメージして頂くと分かりやすいのではないでしょうか。ツーバイフォー工法のメリットは、「地震や台風にも強い構造」、「気密性や断熱性に優れ、冷暖房の節約度が高い」など。

 

そして部材を事前に工場で生産し、建築現場で組み立てるプレハブ工法は「木質系プレハブ工法」、「鉄骨系プレハブ工法」、「ユニット系プレハブ工法」、「コンクリート系プレハブ工法」の4種類に大別可能で、いずれにしても工期の短縮を図るのに最適な工法で、規格や品質、価格が安定している点が最大のメリットと言われます。

 

また法定耐用年数が60年とされる鉄筋コンクリート工法は耐久性に優れている工法で、柱と梁で力を支える「ラーメン構造」、壁と床で組み立てる「壁式構造」の2種類に大別されます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市