家作りの第一歩はココから!

プレハブの将来性

プレハブ工法によるプレハブ住宅は1960年代頃から日本で普及し始めました。シェア率のピークを迎えた1987年から1996年と比較すると、現在は12%とプレハブ住宅の需要に陰りが差していることは事実ですが、高度に工業化されている日本社会で住宅産業のプレハブ化が食い止められることはありません。

 

普及当初からローコストで安定したクオリティーを保ちやすいプレハブ工法は、業界でも高く評価され続けている工法です。プレハブ工法最大のメリットは工期の短さで、現場では工期の短縮を図る為に大変な苦労が強いられますが、プレハブ工法の場合大部分が工場で作られますから、工期の短縮化を狙うことができます。工期が短くなればなる程人件費も比較的かかりませんし、作業の大半がマニュアル化されている為現場で大工の腕次第で差が出にくい点もプレハブ工法の魅力の1つです。

 

プレハブ工法の将来性が期待されるのも、この徹底したマニュアル化がポイントです。テレビ番組などでもよく特集が組まれるように、今はベテラン大工さんの人数がかなり減っています。深刻な大工不足に加え、大工さんの腕次第で仕上がりが大きく左右されるプレハブ工法以外の工法の場合、仕上がりに差が生じることは避けられません。

 

地域によっては大工育成対策に励んでいるようですが、全体的では慢性的な大工不足に革命を起こす対策は見当たりません。そうなると経験やテクニックにそこまで比重を置かないプレハブ工法は、将来的に確実に需要を伸ばしていくと予想できるのではないでしょうか。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市