家作りの第一歩はココから!

プレハブ住宅の種類

プレハブ工法によって建築されるプレハブ住宅は、構造部材の種類などによって「木質系プレハブ住宅」、「鉄骨系プレハブ住宅」、「ユニット系プレハブ住宅」、「コンクリート系プレハブ住宅」の4種類に大別されます。

 

簡単にご説明すると木材を使用したパネルなどが構造部材のメインになるのが木質系プレハブ住宅で、釘や接着剤が使用できる為容易に接合できる点が大きな特徴となります。鉄骨系プレハブ住宅は鉄骨が主要構造部材になるので鉄骨の柱や梁に壁パネルが用いられるのが特徴的で、現在プレハブ住宅の中でも一番普及度が高い工法になります。

 

また、ユニット系プレハブ住宅は木材もしくは鉄骨をフレームとしたユニット(箱)を建築現場まで運び、その場で連結させて完成させるタイプのプレハブ住宅です。その他コンクリート系プレハブ住宅ではPC板と呼ばれる工場生産コンクリートパネルなどが構造部材のメインになりますし、壁や柱、梁、床スラブは工場で生産されたプレキャストコンクリートが使用されます。

 

このように同じプレハブ工法によるプレハブ住宅でも使用する構造部材や完成までのプロセスは異なります。どのタイプのプレハブ住宅にしても、工期の短さやパーツのクオリティーの高さ、人件費があまりかからない…などプレハブ工法のメリットを備えていますし、デザインや仕様、プランが制約されるデメリットでも共通していますが、更に具体的なメリット、デメリットはタイプ毎に違います。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市