家作りの第一歩はココから!

木質系プレハブ住宅(低層)

木質系プレハブ住宅(低層)ができるまでの過程をご紹介します。木質系プレハブ住宅ができるまでの過程は工場生産、現場施工を経て完成、と3段階のプロセスに大別されます。工場では壁や床などのパネルはもちろん、柱や梁といった部材まで作られます。その他外部や水回りで使うパネルや部材にも防腐処理やシロアリ防止処理が行われます。また、建物の外周に使用されるパネルに断熱材を組み込む作業も工場スタッフのお仕事ですし、最終的に検査を行いクリアした部材が常にストックされることになります。

 

木質系プレハブ住宅受注後は工場生産された柱や梁、木質パネルの主要構造部材などの部材を現場に運び込み、現地で正確に組み立てる作業が行われます。現場施工時には厳格なチェック項目で安全性、正確性が管理されながら工事が進行していきます。現場施工では部材の運び込みも含め、クレーン車が欠かせません。ですから木質系プレハブ住宅も含め、プレハブ工法ではクレーン車が入り込め、稼働できる道路、スペースがあることが施工の条件となります。

 

徹底した施工体制の中、現場で工場生産された部材を組み立てれば木質プレハブ住宅は完成ですが、作業の大半を工場で行う為に工期は他の工法よりも大幅に短縮できますし、合理的かつクオリティーの安定した住宅が期待できます。実際プレハブ住宅は長期耐久性にも優れていますし、ローコストで仕上げることができますから総合力の高さでも群を抜いています。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市