家作りの第一歩はココから!

コンクリート系プレハブ建築(中高層)

コンクリート系プレハブ建築(中高層)ができるまでの過程をご紹介したいと思います。中高層のコンクリート系プレハブ建築ができるまでの過程は、低層の木質系プレハブ住宅、鉄鋼系プレハブ住宅、ユニット系プレハブ住宅、そしてコンクリート系プレハブ住宅同様工場生産、現場施工を経て完成、と3段階のプロセスに大別されます。

 

大掛かりな建築になるコンクリート系プレハブ建築でも作業の大半は工場で行われますが、中高層コンクリート系プレハブ建築用のPC部材のクオリティー認定では、東京都や都市再生機構などそれぞれの事業主体によって個別で決められています。各事業主による認定基準に従って配筋、配管工程やコンクリート打設、表面仕上げなどの作業が工場で行われ、工場生産された部材はストックヤードに保管され、搬出を待ちます。

 

コンクリート系プレハブ建築では現場作業が完全にシステム化されていますから、工場のストックヤードからPC部材を搬出後、現場施工では施工精度を確保することができますし、工期も大幅に短縮することが可能です。部材同士を接合する溶接工事を行うのはPC工法溶接管理技術者や技能者で、高いクオリティーが期待できます。工場生産が作業の大半を占める為、現場での施工作業は極端に少なく、周囲への騒音も提言されますし産業廃棄物も削減され、高い公害防止効果が期待されます。

 

既に公営や公団などの公共集合住宅、民間マンションなどで中高層コンクリート系プレハブ建築は大いに活躍していますし、近年は益々高品質でバラエティー豊かな集合住宅を実現しています。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市