家作りの第一歩はココから!

プレハブ式事業用建築物(組立ハウス)」

プレハブ式事業用建築物(組立ハウス)ができるまでの過程をご紹介したいと思います。プレハブ式事業用建築物ができるまでの過程は、低層の木質系プレハブ住宅、鉄鋼系プレハブ住宅、ユニット系プレハブ住宅、コンクリート系プレハブ住宅同様工場生産、現場施工を経て完成、と3段階のプロセスに大別されます。

 

特にプレハブ式事業用建築物の場合、工場で外壁から鉄骨に至るまで一貫生産されるのが特徴で、工場で集中的に部品や部材をつくることで現場施工の均質化と省力化が期待できます。現場では基礎工事が完了した後、前もって工場でつくられた部材を用いて躯体の組み立て作業が行われます。現場施工作業は限られていますが、接合部分など細部に渡り厳しい品質監視、検査が行われます。

 

内装と外装の仕上げが済み、設備、建具を装備し終えれば事業用建築物の完成です。万が一の再擬似に必要とされる災害応急住宅の供給も、プレハブ式事業用建築物と同じプロセスで生産、施工されますし、カタログ商品として手軽に提示することができるのでビジネス利用にも欠かせません。

 

現在日本ではプレハブ工法以外にも「木造軸組工法」、「ツーバイフォー工法」、「鉄筋コンクリート工法」などの代表的な工法が用いられています。それぞれの工法によって向き、不向きがありますしデメリット、メリットも異なりますがプレハブ住宅のコストを徹底的に抑え、工期を短縮し、安定したクオリティーが期待できる特徴はどの業界でも高く評価されています。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市