家作りの第一歩はココから!

プレハブ式事業用建築物(ユニットハウス)

プレハブ式事業用建築物(ユニットハウス)ができるまでの過程をご紹介したいと思います。プレハブ式事業用建築物ができるまでの過程は、低層の木質系プレハブ住宅、鉄鋼系プレハブ住宅、ユニット系プレハブ住宅、コンクリート系プレハブ住宅同様工場生産、現場施工を経て完成、と3段階のプロセスに大別されます。

 

ユニットハウスは基本的に完全工場生産となりますから、機能はもちろん素材、デザインに至るまでクオリティーの高いユニットが工場で作り出されます。同じプレハブ工法でもどこまで工場生産の割合が占めるのかはタイプによって差が生じますが、ユニットハウスの場合電気設備まで組み込まれたユニットが生産されるので、特に高い完成度を誇ります。

 

現場では運び込まれた多種多様なボックスが並べられ、目的に応じた空間が生み出されます。ユニットハウスだと面倒な作業、工事は一切省かれていますから、びっくりするぐらいスムーズな組み立て作業が行われます。

 

ミニキッチンなどの機能をオプション追加する場合でも、アウターユニットを用いることで難なく設備を付加することが可能ですし、同様の手順で災害時の応急仮設住宅が供給されています。

 

低層住宅のユニット系プレハブ住宅も周囲への騒音、廃棄物の削減効果で抜きん出ていますが、ユニットハウスも低層住宅同様環境への負担は驚く程少ないのが特徴的です。工期の短縮化は人件費などローコストに繋がるだけではなく、事故の発生率も下げるので総合的に判断してもプレハブ工法はメリットの非常に多い工法と言えるでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市