家作りの第一歩はココから!

基礎と床、天井

プレハブ住宅の建築時にはどこまで保証対象となるのかアフターサービスに関してもしっかりチェックしなければなりません。ここでは基礎と床、天井に関して一般的にはどんなケースが保証対象となるのか、具体的に見ていきたいと思います。

 

基本的に構造耐力上主要部分は10年間前後の長期保証になりますが、それ以外の下地や仕上に関しては通常2年程度の短期保証となります。基礎の仕上材で保証対象に含まれやすいのが、モルタルなど仕上材にひび割れが入ったり激しい欠損、剥がれてしまっているような場合です。ただし乾燥収縮による軽いひび割れや白華は適用から除外されます。

 

床の下地材や仕上材に関しては、著しい床鳴りや変質部分、ひび割れ、剥がれ、そして継ぎ目の隙間がだいぶ目立つ場合だと保証の対象となる筈です。もちろん住人が普段の生活で長時間、もしくは大量に水をこぼしたままにして床に被害が被った場合などは自己責任になります。

 

たまにごく普通の雨の日でも窓を開けっ放しにしてしまうことで床の劣化が激しくなったり、直射日光の影響を受けて変質してしまうケースもありますが、こういった場合業者側のアフターケアには通常含まれません。冷暖房機器などの影響で床に被害が及ぶこともあるので要注意です。

 

また、天井の下地材や仕上材で保証対象となるのは、ひび割れや剥がれ、浮き、継ぎ目の隙間の激しいものや極度の変質などで、照明器具などの設備機器、冷暖房などの影響で天井の劣化を進行させてしまった場合には当然保証は適用されません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市