家作りの第一歩はココから!

虫害

プレハブ住宅のアフターサービスでは、虫害関連のメンテナンスも重要なポイントになります。通常防蟻処理、防虫処理を行った部分に対して虫害が発生した場合が保証対象となりますが、例えば蟻に関してはヤマトシロアリまたはイエシロアリ、その他の虫に関してはヒラタキクイムシなど業者によって虫の種類は細かく特定されています。そして基本的に畳や絨毯にダニ類が発生し被害が被った場合は住人側に落ち度があるとされ、業者側に保証を求めることはできません。

 

都市部でも場所によってはネズミの被害が報告されますし、最近は虫やネズミ以外にもハクビシンによる住宅被害のケースも増えています。どういった生き物が生息しているのかはエリアによってかなり差がありますが、地域環境もよく調べてからプレハブ住宅に関してどういった被害の際アフターケアの対象となるのかは、契約前にじっくりチェックしなければならないポイントです。保証期間も2年から5年と差が生じますから、状況次第では専用の業者にメンテナンスを依頼するなどの対策も必要です。

 

生き物による住宅被害は時に主要構造部分まで及びますし、リフォーム際に柱などが蟻に食われてスカスカになっているのが発見されることも珍しくありません。ハクビシンによる住宅被害も屋根裏や軒下に住み込み、糞尿などで酷い臭いが発生したり非常に不衛生な状態になってしまうそうですから要注意です。小さなお子様がいらっしゃるご家庭では子供への衛生面の影響も気になる筈ですし、構造はもちろん虫などの生き物による住宅被害に関してもしっかり対策を練る必要があります。

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市