家作りの第一歩はココから!

その他

プレハブ住宅のアフターサービスでは、主要構造部位とその他の部位に大別されます。一般的に主要構造部位は10年前後の長期保証になり、その他の部位は2年前後の短期保証になります。いずれにしてもどういった条件でアフターメンテナンスをして貰えるのか、保証対象外となるのはどういったケースか、と言った細かい条件を事前に確認しておく必要があります。プレハブ工法は「木質系プレハブ住宅」、「鉄骨系プレハブ住宅」、「ユニット系プレハブ住宅」、「コンクリート系プレハブ住宅」の4種類に大別され、それぞれ使用する部材が異なるのでメリット、デメリットも異なります。頑丈さや結露への弱さ、耐震具合なども各工法によって違うので、アフターサービスの条件も工法と照らし合わせてチェックすることが重要です。

 

また、給気扇や排気扇、屋外フードなどの換気設備、灯油タンクや灯油器具、灯油配管、ガス器具、ガス配管、ガス栓などのガス設備に関しては、供給業者や製造メーカーの定めによって保証対象となる現象例、適用の除外ケース、保証期間は異なります。どの部位のメンテナンスでも自己責任によるものか、業者側のアフターケアの範疇に入るものなのかは調べられますが、ガス関係など他のメーカーが関わってくる部位に関しては特にややこしくなりますから注意が必要です。

 

いずれにしてもプレハブ住宅がどれぐらいの期間、どれぐらいのクオリティーを保ちながら維持できるのかは、実際に住む人間の条件や地域環境次第でも随分差が開きます。業者に定期メンテナンスを頼むにしても、普段から清潔な状態で正しく設備を使うような配慮が大切ではないでしょうか。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市